赤ちゃんの記憶方法

あか ちゃんの記憶方法とは?
まれてから 3歳ぐらいまでの記憶ってなんでないか知っていますか?



それは、この頃に人間として生きていくのに大切な記憶を作っているからです。
生まれてから3歳までというのは、言葉のしゃべり方歩き方などの
「方法」を覚える記憶というのがものすごく発達している時期なのです。

ですので、3歳まではその反面、
知識をつけたり経験したことというのはほとんど覚えることができません。




物をこぼしたり、
ダメといわれても興味のある所に行こうとしてしまったり、
手当たりしだい口に放り込んで試してみたりというのは、
知識をつけることができる年齢まではとどまるところを知りません。



よく 「三つ子の魂百まで」といいますが、


これは3歳までに覚えたことは一生使えるといった意味でもあります。
この頃に培った習慣や、人格形成(性格)や自分が身を置く環境などは、
ずっと変わらないといわれています。


脳が発達していく最初の過程で、しっかりと刷り込まれていく記憶です。

この3歳まで特にに発達している「何かをするための方法を覚えている記憶」が、
天才を作っている記憶なのです。

▼次のページへ