脳と記憶

脳はすべて覚えている!

暗記が苦手だという人はたくさんいますが、


実は人間には、
生まれてきてから現在までの すべての記憶が脳に詰め込まれています。
ただ思い出すことができないだけなのです。


あなたも生まれてから、
楽しいことやうれしいことをたくさん経験してきましたよね。
たくさんの思い出があふれ出てくるかと思います。
嫌なことや悲しいこともたくさん経験してきたはずです。




でも思い出すのは楽しい思い出の方がたくさんありませんか?
忘れるということは、
人間の脳にとって大事な役割をはたしています。


フロイトという心理学者によると
人間には ツライ体験や感情を忘れる心理的なシステムがあるようです。
そのままにしておくと生きていくための妨げになるような記憶を
自然に捨てるシステム。




興味のないことや嫌いなものを自然と忘れるようになっているのです。
逆に、うれしいことや楽しいことはどんどん記憶や体験として蓄積
されていくようにできています。



これを知っているだけで、暗記をするためのコツがたくさん見えてきますよね。


例えば

強い興味がもてれば記憶力が増すので
・日本史を覚えたいのであれば、日本史のマンガを読んでみる
・あなたが好きなもの興味のあるものを覚えてみる。

プロ野球の選手などを覚える練習をして、
暗記の仕方を身に付け、さらに暗記に対して自信を持つことができます。

楽しいと感じていれば記憶力は上がるのですが、
ストレスを感じていると記憶力は低下します。
勉強からストレスをなくすように工夫する。


ほかにも記憶力の上がるアイディアはたくさん出てきますよね。


▼次のページへ